【夢野あやめ】その義父の密かな楽しみが脅かされようとしていた