ある日、「愛理」はそんな状況を打破するべく「心亜」への告白を決意する…