【嶋崎かすみ】目を覚ますと、息子の春彦が胸を静かに触っていた