【竹内麻耶】家事が苦手だった麻耶は不安でいっぱいだったが義父の優しい気遣いもあり幸せな毎日を送っていた