宵闇の中、感じる息遣いと肌の温度 それはあたかも幻の如く…