【織田真子】ぎっくり腰になったとおるを心配し、夫・伸夫と実家にやって来た真子