【船戸祥子】何もする気が起きなくて、ため息ばかりついていた僕に優しい言葉をかけてくれたのは祥子おばさんでした