【円城ひとみ】昇進を目標に一心不乱に働くひとみであった