悔しい、できれば彼女を独り占めしたい…いや、彼女は俺のものだ、俺にふさわしいんだ