【五十嵐しのぶ】ある時、風邪気味の息子を自らの肉体で温めようと布団に潜り込む義母