『実は…ずっと…知っていたんですよ…』献身的過ぎる彼女はソレを優しく口に含み、濡れそぼる蜜壷へと招き入れる