【奥村瞳】大地を一人の男として見るようになった瞳は心の内に燻る衝動を抑えきれず、その身を預けてしまう