【桐谷なお】『桐谷 なお』はとある部屋を訪れる