その時は制服を脱がしたときのクッキリ日焼けあととのご対面を想像するとヨダレが止まりませんでした