【朝桐光】娘婿・雄太は子作りに関心が無くなるほど光の醸し出す色気に惹かれていた