【ひなた澪】不自由を当然の如く受け入れ、熱くたぎる身体を捧げていく